さくら堂
さくらとその主従もとい飼い主2人が管理する 多分音楽中心のごちゃまぜブログ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真面目な話をしますよ。その2 

ったく更新が全くないではにか!アネモネ!
そのアネモネは今風邪でダウン中。だが夜になれば仕事へ・・・

それが君が選んだ仕事。

仕方ないよね。

ま、がんばれヽ(´ー`)ノ



さてさて、またまた真面目なお話。


自分は大阪の隣の県に住んでいるので、大阪とは直接関係ないものの、やっぱり関西の経済に関与してくることだし、後橋下さんは某テレビで見てたから頑張れ!って思うので基本橋下さん派です。
すべてではないですけどね。

それはちょっと・・・と思うことももちろんあるし。


さて、そんなわけで今回は大阪ネタ。

いま大阪の予算見直しのためにとある文化博物館を廃止の方向にしてくようです。
文化は大切ですから、なくすのではなく同じような文化博物館らしきとこと統合ということらしい。
だけど、地元の住民を中心に、残して欲しいという署名運動をしているそうな。

私は、文化は残すべきだと思うけど、無理にでも残していくものではないと思う。
残す努力はすべきですけどね。ほおっておくわけじゃなくて。

なにがいいたいかっていううとですね、結論から言うと。

署名運動をしている皆さん。
あなた方は本当にその建物を必要としているのですか?ならば署名ではなく寄付しなさい、と思うのです。
あなた方はその建物ができてから何度行きましたか?どのくらい貢献をしていますか?
大阪の危機だというのにそれでもその建物を何億というお金を使って残そうと思うのでしょうか。

私の隣町に同じような歴史博物館ができました。
GWに姉達が帰ってきたので一緒にいきましたが、正直1回で十分だし、(何度も展示変えるそうだけど)今出来たばかりでみんないってるけどそのうちだれも行かなくなるよ。
んで同じように赤字になって多大なお金を投資して無駄遣いするんだろうなあ。
そうなってその建物がつぶれてしまうのなら、私は仕方ないとおもいます。
署名運動?しません。寧ろ大賛成しますよ。
もちろんそこになる貴重なモノはどこかへ移動してね。
それにそこってもともと小さな規模でやっていたのに、何でそんなお金を作ったんだから不思議。
あそこは小学生の遠足でいかされてからいってないよ?
まあ使ったのはその町のお金だから自分には関係ないですが。
もし赤字埋めるために県がかね出すって言うならてめえ税金返せよって怒りたくなる。


話は戻り、ある署名の一人の方が「自分達は貧乏なので金はありません、でもボランティアでならいくらでもお手伝いします」
貴方は貧乏かもしれんが府も貧乏なんだよ!あほかああああ!!!!
ボランティアで働いてもらっても赤字が直る訳ではない、寧ろ自分達が高い料金払って毎日のようにそこに通いなさい。そしたらまだ改善されるかもよ。

あー橋下さんかわいそう。
あほな議員や職員だけでなく、(もしかしたら地元の人ではなくプロ市民かなんかでどっかの政党の息の根がかかっているところのひとで、こどもたちはなんもしらずにやらされているのかもなあ。あくまで私の推測ですけど)府民までこんなんだなんて。

じゃあどこけずればいいんだ!
どうでもいいとこ削らんかったら医療や教育にてださなあかんやんかあ!
って怒りたくなるやろうなあ。


建物だけでなく音楽団も。

そんなにやりたきゃボランティアで自分達で再結成すれば?
道借り切ってすることかなあ?小さくても体育館とかでこつこつやって、府が財政建て直しできたらその頃にもう一度やりたいって言えばいいんじゃないの?



文化って力ないものは消えていく運命にあると思う。
残していく努力は必要だけど、消滅するのは時代にあっていない、残るだけの力魅力がないということ。
昔でも貴重ではあったけど消滅していった文化はたくさんあるよ。


冷たいかも知れんけど、文化に金使うのは命や生活のことを考えると二の次三の次でしょ。


誰だって生活していくために自分の趣味にかけるものを減らすでしょ?自分の収入にあわせて。
増えればいいけど、減るならその分も減るでしょ。

え?借金してまでもする人いるって?
それはアホって言うんです。どうしようもない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さくら

Author:さくら
当ブログのトップ。

あさぎ
主従その1

アネモネ
主従その2

詳しくはカテゴリのプロフィールにて。

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。